ネットラジオ BS@もてもてラジ袋

IT時代をサバイブする新型教養番組

『アベンジャーズ』新作とゾンビ映画いわゆるオブ・ザ・デッド映画の低能さについて

time 2014/10/26

『アベンジャーズ』新作とゾンビ映画いわゆるオブ・ザ・デッド映画の低能さについて

side:B
【映画】『アベンジャーズ2』の予告編登場に思う大集合映画について!?
【映画】『バイオハザード2アポカリプス』は低能ゾンビ映画の鑑みたいな作品!?
【漫画】ゾンビ愛のある作品とは『相原コージZ(ゼット)』とかが代表だ!!
【映画】ジェイムズ・ガンが決断したキャラクター立ての演出!?
【漫画】最近は映画館でリバイバル上映が流行っているの!?
 →プーさんの小枝投げ
てっちゃぎの貰ったらレビューするかもしれないリスト
ぶたおにホワイトベルグやクリアアサヒや石鹸など送るリスト

 興行収益歴代3位の映画(それより上は『タイタニック』と『アバター』しかない!)の続編『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』の予告編が早くも3200万再生を余裕で突破していた。2000年以降の映画界の傾向としては続編ほど客が入ることになっているので、3位の続編ともなると恐ろしいものが予想される。もしかしたらジェイムズ・キャメロンの牙城を揺るがすかもしれない。面白い映画には違いないので楽しみだ。

 予告編の映像では1分25秒あたりに出てくる大柄アイアンマンが大人気。ご丁寧に顔までデカくなるのがセンスあるなあと感心する。てっちゃんはジャガーノートみたいと表現していた。ジャガーノートとは、同じくマーベルのX-メンに出てくる大柄なシイタケ人間のことだ。顔がしっかりガードされているので打撃に強そうである。

 この一連のディズニーによるマーベル映画のシリーズ運動を総称してマーベル・シネマティック・ユニバースというらしい。MCUとも略される。

 『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン』『アイアンマン2』『マイティー・ソー』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』が第一期シリーズで、その最終作が『アベンジャーズ』だった。これがまんまと大ヒット。こうなるともうやめらない。

 『アイアンマン3』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』そして、もてラジでもさんざん紹介している『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。ここまでが第二期シリーズ。それの最終作が『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』になる。なんせこの時点の『アイアンマン3』だけで興行収益世界6位。どういうことだ。第二期シリーズの特徴として、全作品が単体で面白いように出来ていること。シリーズのヒットに気をよくして手を抜いてない。てっちゃんなんて特にマーベル・シネマティック・ユニバースなんてことを意識せずに全作品を見てしまっている。全世界に何人のてっちゃんが居るのだろうか。身震いする。


sponsored link

スポンサードリンク

スポンサードリンク

もっこもこチャンネル
もてラジは白鯨ラジオもっこもこパレードに参加しております。
「#もてらじ」 でツイートされたものは番組で取り上げるかもしれません。


当サイトはAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しております。
天狗ジャーキーボタン
ぶたおストアー

ラジ袋グループの仲間

mote_l BS@もてもてラジ袋 毎週日曜日くらいに更新 fu_l 福岡@ラジ袋 毎週更新 tougou_l 統合失調症@ラジ袋 毎週更新のつもり totori_l 鳥取@ラジ袋 不定期更新 1248390815 東京@ラジ袋 不定期更新


sponsored link

UA-56563609-1