ネットラジオ BS@もてもてラジ袋

IT時代をサバイブする新型教養番組

加古川に「かつめし」を食べに行ってきた

日本3大デミグラスかつライス料理というのがある。根室のエスカロップ。岡山のドミカツ丼。そして加古川のかつめしだ。

 そのなかでもっとも大阪人に馴染みのあるのは加古川のかつめしだろう。なにしろ大阪の隣の兵庫県の市の郷土料理だ。なのに3大デミグラスかつライス料理の中で僕は唯一食べていないのがかつめしだった。人は近いからといって行くわけでもないのだ。思えばかつめしを疎かにする人生だった。

 かつめしの由来はわりにはっきりしている。1953年にいろは食堂(今はもう無い)という店がかつめしを作ったそうだ。それから付近の店に広まった。広まったのは美味いからに違いないけど、加古川市付近限定でしか広まってないのは、訴求力がさほどでもなかったせいか。なんにしても食べてみないとわからないのだ。

 というわけで8月のある日にJRに乗って加古川に出かけてみた。JR加古川までは運賃がかなりかかる。京橋からだと片道で1320円もかかる。近いけど遠い理由のひとつだ。日本はもっと電車賃を安くするべきだが、そう言っても仕方ないので今回も18切符の出番である。

IMG_4719
  加古川に降り立つ。8月なので日差しが暑い。あまりに暑いとカツ料理を食べる気も失せてしまいかねないので、できるだけ歩かずに済ませたいところだ。駅周辺にもかつめしを出す店はいっぱいある。かつめしマップなるものもあるくらいだ。さまざまに検討した結果、駅から少し歩いたところにある、ニッケパークタウンというショッピングモールに入っているお店でかつめしを所望することにした。ショッピングモールの店なら気楽に楽しめそうだ。

IMG_4723
 ニッケパークタウン内フードコートはこじんまりとしたものだった。ショッピングエリアとは別棟のようになっている。昼下がりなので人も少ない。

IMG_4725
 フードコートというと、決まりきったチェーン店が看板を連ねがちであるけど、ニッケパークタウンの場合はなかなか独自色が強い。入ったところにあるうどん屋からしてあまりよく知らない店。かつめしの店が入っているくらいだから、地元カラーのフードコートなのだろう。なかなか良い。

IMG_4726
 目当てのキッチンはよしは一番奥の角にあった。手前にはにくてん(兵庫県の独自のお好み焼きの一種)を出すはよしという店があって紛らわしい。たぶん同じ人が経営しているのだろうとは思うが。

 入り口の説明の看板に「かつめしとは、トンカツか牛カツを御飯の上に載せた料理である」と説明があったので、お店の老主人に「かつめし、豚のやつで下さい」と言ったら、何を言っているのだという顔をされたので、もう一度ゆっくりと「豚のやつで下さい」と伝える。すると主人の答えは意外なものであって「うちは豚しかありませんよ」というものだった。豚のやつが食べたかったのでそれで良いのだが釈然としない気持ちになった。しかし食べれればそれで良いわけで、番号札を持ってテーブルで待つ。この時間にその店で注文しているのは僕だけだった。

IMG_4730
IMG_4732
  ついに念願のかつめしと対面する。見た目はカツカレーっぽいのだが、かかっているのはデミグラスソース。かつは薄めにカリッと揚がっていて、他のデミグラスかつライスのエスカロップやドミカツ丼も薄めのカツが多かったので、デミグラスソースに合わせるならば、薄めが良いのかもしれないと思う。味のほうは美味いのは間違いないわけだが、説明するならばスパイシーで攻撃的なところもあるカツカレーに比べて、ずいぶんと慈愛に満ちたやさしい味である。エスカロップよりもシンプルで、ドミカツ丼との違いは洋食テイストにある。

IMG_4727
 加古川だからなのかよくわからないが、フードコートの水がやけに美味い。しかしここで手を洗う不届き者が多いようだ。このような張り紙ははじめて見た気がする。たしかにメシを食っていたらつい洗いたくなる気持ちもわからんでもないが、おてふきもあるのに何故…。

IMG_4738
 かつめしに満足してフードコートを出ようとした時に、入り口のうどん屋にカレーうどんライスというコロンブスの卵的なメニューを見つける。美味いに決まっているが、さすがに満腹度が強いので試すことができない。できれば、にくてんも食べたかったが(ここのにくてんもたいへん美味しいと聞いた)、これもまた次の機会への心残りとしてとっておく。

IMG_4740
 駅への帰り道に大変立派な喫茶店エデンがあって、ここでもかつめし(カツライスと呼ぶらしい)を出しているとのこと。心惹かれまくったが、やはりかつめしを連続で喰うのは気が引けたので次回への心残りとしておく。昔なら胃袋に無理にでも押し込めたのだけど、最近は妙に自制心が働くようになってしまった。つまらないのかなんなのか。

 でも心残りのある旅は楽しいからこれで良いのだ。

この話はラジオでも語っています!!!

sponsored link

スポンサードリンク

スポンサードリンク

もっこもこチャンネル
もてラジは白鯨ラジオもっこもこパレードに参加しております。
「#もてらじ」 でツイートされたものは番組で取り上げるかもしれません。


当サイトはAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しております。

激辛天狗ジャーキーボタン
ぶたおストアー


もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら
もてラジ大好きな神田さんが書いた本がベストセラーになってます!


もし文豪たちがカップ焼きそばの 作り方を書いたら 青のりMAX
もてラジ大好きな神田さんが書いたベストセラー本に早くも続編が登場してきてます!

ラジ袋グループの仲間

mote_l BS@もてもてラジ袋 毎週日曜日くらいに更新 fu_l 福岡@ラジ袋 毎週更新 tougou_l 統合失調症@ラジ袋 毎週更新のつもり totori_l 鳥取@ラジ袋 不定期更新 1248390815 東京@ラジ袋 不定期更新


sponsored link

UA-56563609-1