ネットラジオ BS@もてもてラジ袋

IT時代をサバイブする新型教養番組

ロビン・ウィリアムズが鬱死!60歳の鬼門!

time 2014/08/13

ロビン・ウィリアムズが鬱死!60歳の鬼門!

 驚いた。まさかあのロビン・ウィリアムズが鬱病でベルトで首を吊って亡くなるとは思わなかった。

 1951年7月生まれ。先月に63歳の誕生日を迎えたばかりのことだった。63歳というのは現代ではまだまだ早すぎる死だ。

 映画の天才てっちゃん氏と、ロビン・ウィリアムズの『ジュマンジ』(てっちゃん氏の一番好きな映画)や『グッド・ウィル・ハンティング』や『アンドリューNDR114』の話をしていたところだっただけになおだ。

 ロビン・ウィリアムズはコメディアンだったそうだが、もちろん日本人たる我々はよくしらない。彼をはじめて見たのは1980年の『ポパイ』の映画だったようだ。だったようだ、というのは当時は『ポパイ』の映画でポパイを演じているおっさんが、後の30年にわたってハリウッド・スターとして堂々のキャリアを築いていくなんて知るはずもなかったので、俳優の名前なんか認識していなかった。しかもテレビで見た『ポパイ』は、いかりや長介が吹き替えを担当していた。いかりや長介はロビン・ウィリアムズより20は歳上だった。そんなことはどうでもいい。

 ロビン・ウィリアムズについて調べてみると、若いころからアルコール依存症で、働きづめで、心臓も患い、そうとうボロボロだったようである。こういう人が60歳より上まで生きるのはなかなか大変なようだ。鬱病の人は自分をかなり追い詰める傾向にある。ハードワークも鬱病的なものを紛らわせるためだったのか。それともハードワークが鬱病を促進させたのか。そんななかでゲームの『ゼルダの伝説』が大好きで、娘の名前にゼルダとつけたというエピソードはちょっと微笑ましい。

 直接は関係はないけど日本の多忙な漫画家として知られる手塚治虫や石森章太郎が揃って60歳で亡くなったのは有名は話であるが、藤子F不二雄も62歳で亡くなっているし、ロビン・ウィリアムズのようにアルコール依存症の赤塚不二夫は72歳まで生きたけど意識を失ったのは66歳あたり。まあ、鬱病で自殺した人はいないけど、トキワ荘メンバーの売れっ子で60歳を無事にくぐり抜けた人はほとんどいない事実にゾッとする。若いころの無理が祟ってくる年齢なんだろう。鬱病といえば『まんが道』でテラさんとして知られる寺田ヒロオは61歳で亡くなったっけ。60歳をクリア出来るのはよほど健康的な人だけともいえる。

 アルコール依存症の平均寿命を調べてみると50代前半だそうだ。いくつからアルコールを飲んでたかにもよってぜんぜん違うとは思うが、平均寿命から20年は縮まるそうだ。

 鬱病患者の平均寿命を調べてみた。これもはっきりとはわからないけれど50歳代というのが多いようだ。死亡率は15%から20%という説もある。

 心臓病患者には鬱病を発祥する人が多い。ただし、ロビン・ウィリアムズの鬱病が何に由来してるのかは誰にもわからない。

 こうしてみると若いころからアルコール依存症であり、鬱病であり、激務をこなしていたロビン・ウィリアムズが63歳まで生きたのは、かなり頑張った方なのかもしれないと思えてくるから不思議だ。さすがハリウッド・スター。いや、もちろん、もっと生きて映画に出て欲しかったけれど。

 ちょっと気になったので、ロビン・ウィリアムズと同年代の有名人に一体どんな人がいるのか調べてみた。他にやばそうな人はいるだろうか。不謹慎ながら。

 高橋源一郎(小説家。死にそうにない)
 フィル・コリンズ(元ジェネシス。死にそうにない)
 中尾隆聖(フリーザや、バイキンマンの人。長生きして欲しい)
 夢枕獏(小説家。死にそうにない)
 山本リンダ(歌手。死にそうにない)
 ジャンボ鶴田(プロレスラー。享年49歳)
 忌野清志郎(ミュージシャン。享年58歳)
 新谷かおる(漫画家。死にそうにない)
 石塚運昇(声優。長生きして欲しい)
 カート・ラッセル(ハリウッド・スター。遊星からの物体Xから有名になったので遅咲き。同じ歳か!)
 押井守(映画監督。死にそうにない)
 オーソン・スコット・カード(『エンダーのゲーム』などで知られるSF小説家)
 いしいひさいち(漫画家。どうなんやろ?)
 スティング(ミュージシャン。フィル・コリンズと同年代か!)
 山下真司(俳優。長生きしそう。俺はこれからお前たちを殴る!)
 ひさうちみちお(漫画家。さいきん見ないな)

 特に意味のないリストになってしまったようだ。みなさんくれぐれも身体には気をつけて欲しい。

 僕はロビン・ウィリアムズの映画のリストを眺めていると見ていない映画がたくさんあることに気がついた。これから見ていこうと思う。とりあえずハリウッド版『大霊界』というか、オルフェウスやイザナギノミコトの地獄行く話というか、そんな感じみたいな『奇蹟の輝き』あたりから見るのが適切か。原作は『アイ・アム・レジェンド(地球最後の男)』のリチャード・マシスンだし。見たらまた感想でも言います。


sponsored link

スポンサードリンク

スポンサードリンク

もっこもこチャンネル
もてラジは白鯨ラジオもっこもこパレードに参加しております。
「#もてらじ」 でツイートされたものは番組で取り上げるかもしれません。


当サイトはAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しております。
天狗ジャーキーボタン
ぶたおストアー

ラジ袋グループの仲間

mote_l BS@もてもてラジ袋 毎週日曜日くらいに更新 fu_l 福岡@ラジ袋 毎週更新 tougou_l 統合失調症@ラジ袋 毎週更新のつもり totori_l 鳥取@ラジ袋 不定期更新 1248390815 東京@ラジ袋 不定期更新


sponsored link

UA-56563609-1