ジブリ以前からジブリを追いかける!?

ネットラジオは一番下のプレイヤーから聴けます!
前半の放送はこちらにあります!

ジブリの高畑勲と宮崎駿を追いかける!?

ホルスの大冒険

高畑勲の監督デビュー作。高畑勲やら宮崎駿やら大塚康生やら、森康二、小田部羊一などの東映動画のアニメーターが精力を傾けて作った長編アニメーション。どれだけ精力を傾けたかというと頑張りすぎて予算もスケジュールも超過しまくって、上役を泣かしまくった。それでも予算もスケジュールも足りなくなって、一部のアクションシーンでは止め絵が延々と続くという、後のGAINAXがやっている手法がすでに採用されている。「動かしたかったけど動かせなかった」というアレである。まあ、とにかく、ジブリの原点みたいな作品である。

どうぶつ宝島

アイデア構成という妙な役職で宮崎駿が活躍しまくった長編アニメーションの名作。アクションシーンや構図なんかほとんど宮崎駿が考えたといわれるくらいハッスルしていた。森康二のキャラクターデザインのヒロインとか、完全に後の宮崎アニメのヒロインのソレである。影響がものすごい。古いアニメだけど超絶アニメーションですごい。今ではあまり知られていないアニメ映画だけど、これもジブリ映画の原点といっても良いと思われる。

パンダコパンダ

原案脚本を宮崎駿、監督(演出)を高畑勲がやるというスーパータッグによる中編アニメ。今では考えられない。作画監督も大塚康生と小田部羊一である。完全にトトロの原点だし、ジブリの原点でもある(またか!)。後にジブリを支えたアニメーターであり『耳をすませば』を監督して後継者と期待されながら亡くなってしまった近藤喜文がすでに動画で参加さいていたりする。これを見ずしてどうしようという贅沢な作品。

赤毛のアン

高畑勲のTVアニメとして有名な『赤毛のアン』も実は劇場版になっていた!第一話から数話をひたすらつなげただけというすごいものだけど、「ただただつなげたらつながってしまった」(高畑勲談)である。テレビアニメ版を50話とか見るのはかったるいかもしれないので劇場版で観るのも一興である。ただでさえ高畑勲の作品は少ないのだから。デコッパチなアンの可愛さと、マシュウの萌えキャラぶりが観どころか。

じゃりン子チエ

語り尽くしても語れない大阪アニメの金字塔である『じゃりン子チエ』の劇場版。劇場版が最初に作られて、好評だったらからTVシリーズが制作されたのである。劇場版の画はさすがにすさまじく良く出来ている。数ヶ月大阪ロケ取材をやった成果でもって、相当リアルに大阪の街が再現されていて驚愕する。これほどリアルに場末のホルモン居酒屋がアニメに出てくることなんて今後もう無いのでは。南海電車も正確である。それだけに劇場版の絵が使えない部分のTVシリーズの絵の落差はすさまじい。けど、それはまた別の話なので、とりにかく劇場版の『じゃりン子チエ』は一本の映画として観るべきであろう。吉本芸人による吹き替えも賛否あるけれど、最初にこれでやれと言われたときには高畑勲も頭がくらくらして倒れそうになったというが、さすが名演出家で耳の良さも天才的(絶対音感の持ち主)な高畑勲である。棒読みみたいな声を上手いこと合わせて逆に味わいにしてしまっている。慣れてくるとこの棒読み感じゃないと物足りないくらいだ。

セロ弾きのゴーシュ

高畑勲がインディーズみたいな真似までして作った長編アニメーション。宮沢賢治原作のアニメーションというと猫の『銀河鉄道の夜』が有名だけど、高畑勲が作った『セロ弾きのゴーシュ』はちっとも有名ではなかった!でもなんとなく見た人も多い……多くはないか……。

この後は『カリオストロの城』とか『風の谷のナウシカ』とかなのでもう説明は必要あるまい。もうこっからはみんな観ているはず。宮崎駿が元気になるとみんな観ている不思議。一気にメジャー感が増してくる。ただし最初は『カリオストロの城』も興行的にはふるわなかったが。

今週は三池崇史とロッキーとゴジラとジブリ!!

side:B
【映画】『寄生獣』の映画版はけっこう泣けるの!?
【映画】『ロッキー』のポーリーは人間味があるで片付けられる!?
【映画】ゴジラは何で良い時と悪い時があるのかを解決して欲しい!?
【映画】そろそろてっちゃぎが観て良いジブリアニメを決める!?

ぶたおにホワイトベルグやクリアアサヒや石鹸など送るリスト


カテゴリー: アニメ, ネットラジオ, 映画 | ジブリ以前からジブリを追いかける!? はコメントを受け付けていません。

選挙のたびにデマを飛ばして来る奴を冷静に見分ける方法

ネットラジオは一番下のプレイヤーから聴けます

大阪にシルバーデモクラシーがあるとか南北格差があるというデマ!

大阪市の住民投票には本当に腹立たしい事が多かったので今回のラジオでは死ぬほど語っているけれどブログでも大いに語っている。なんでこれほど語るのかわからないくらい苛立ちがある。しかしそれでも語り尽くせない思いがあるのは僕だけか。大阪以外の人はもう好き放題いうだけいったら、即座に興味なくしてしまったかもしれない。そして大阪の人だって、もうすっかり忘れていたりするのかもしれない。

選挙の経緯やらなんやら、大阪の中ではどうだったのかは、とりあえず温玉ブログを読んでもらうとして、その中で触れているインターネッツに飛び交ったデマについてデータをもとに考察をしている記事はちょっと検索でもすればいくらでも出てくる。

これらの反論の元になったデマについては、現在Googleなどで検索してもなかなか出てこない。Twitterとかまとめサイトの類を探していけば見つかるのかもしれないけど、選挙の直後にバァーっと拡散するだけ拡散して、その後に上記のような反論がぞくぞくと登場するにしたがって、一気に情報価値をなくしていったのには違いない。まさにバイラルメディア的な動きそのものだ。

それはそれで歪んだ情報が是正されてめでたしめでたしかというとそういう問題でもない。

最初に書いた通り、大阪都構想は盛り上がるだけ盛り上がって一気にしぼんでいった。今では誰もあまり興味がないのだ。大阪都構想の住民投票というネタ自体がバイラルマーケティングみたいなものだった。

だから後から情報が是正されようがなにしようが「誰も興味がない」というのが実情である。

皆の気持ちの中になんとなくもんやりと残った印象だけいえば「改革派が、保守派のジジイ(または貧乏人)に敗れたんだな」ということだけ。

そういうのはよくない。実によくない。ありもしない世代間闘争や大阪南北格差を煽って煽って調子に乗るやつが出てくるのである。こういう禍根を残さないためにも、どういう選挙であったのかというのを、大阪の人はもちろん、大阪以外の人にもしっかりと把握しておいてもらいたい。そして無駄に煽る奴には白い目を向けてもらいたい。

大阪の未来とか、日本の未来とか本気で考えているなら、「無駄に煽る奴に軽々についていかない」ということが最も大切だと思うけど。

子供のころに「しらないおじさんについていくな」って言われたではないか。あれは正しかった。しかしインターネッツ時代になると「しらないおじさんの煽りにホイホイとついていってしまうおっさん」というのが大量生産されてしまっていたのだ。なんということだろう。

その前には「知らないのによく知ってる気になってる知らないおっさんにホイホイのせられる」というテレビの時代があったわけだけど。いや、今でもその時代は続いているのだ。橋下市長なんてのは、まさにテレビを利用してのし上がってきた人物だ。「やしきたかじんが生きていて都構想支持を表明していたら選挙の結果は変わっていた」なんて仮定を持ち出す人もいるけど、これは本当にそうなっていた可能性が高いと思うからぜんぜん笑えない。亡くなっていてくれて良かったとか書いたら不謹慎だろうか。大阪のおっさんやオバハンは、たかじんが右といったら右になるくらい、本当に好きだったのだ。

今、簡単に検索で出てくるのは、こんな記事くらいか。相当恥ずかしい主張だけど、辛坊治郎がたかじんの100分の1も人気なくて本当に良かったと思う。

とりあえず言える事は、わかりやすい図とか、しらないおっさんの刺激的な煽りに、すぐ飛びかかる事はするなということか。難しいかもしれないけれど。

今回は大阪の政治の話と何故かマトリックスの話

side:A
【主張】蜂蜜ははちみつ屋で買え!!
【豆類】ヘーゼルナッツとかピスタチオが美味すぎるのはなぜ!?
【政治】大阪市の住民投票ですごい腹立ったインターネッツのデマ!!
【ラジオ】もてラジは労働者とニートのための放送!?
【映画】今さら『マトリックス』を死ぬほど語る!?

てっちゃぎの貰ったらレビューするかもしれないリスト
ぶたおにホワイトベルグやクリアアサヒや石鹸など送るリスト


カテゴリー: ネットラジオ, 映画, 社会 | 選挙のたびにデマを飛ばして来る奴を冷静に見分ける方法 はコメントを受け付けていません。