富山名物の七越焼は絶対に食べておきたい富山スイーツ!


北陸本線ラストダンスの続き。高岡駅でちゃんぽんをただいたあと、富山駅に移動して、さっそく繁華街の総曲輪のアーケードに向かう。ここで見つけたのが富山市名物の七越焼だった。

IMG_9986
ホカホカの七越焼(ななこしやき)。110円で美味いのなんのって。

IMG_9971
総曲輪のアーケードはお世辞にもめちゃくちゃ栄えているとは言いがたいがそれなりにお店があって便利は便利だ。ここからさらに東側にかなり長くアーケードが伸びているのだけどそっちは完全にシャッターみたいになっている。アーケードは西側がメインである。

IMG_9983
IMG_9981
西側には総曲輪フェリオという大型ビルの複合施設があって、ここが完全に中心になっていて、週末には子供が遊ぶスペースが出来たりする。今のところ週末以外きてないのでわからないけど、たぶんそうだ。

IMG_9984
IMG_9985
総曲輪フェリオの1Fに七越焼の店はあった。たい焼きと同じような甘い生地を丸い鉄板の型で焼いて、その中にカスタードクリームやあんこをたっぷりと入れ込む。関西でいうところの回転焼きにものすごく製法が似ている。見た目はそっくりである。気になったのでカスタードクリームとあんこのやつを買ってみた。

IMG_9988
ホカホカの七越焼。七の文字がはっきりと見える。パリパリの皮にずしりとした重さ。回転焼きは食べ慣れているがこんなのは始めてだ。

IMG_9989
カスタードクリームがたっぷり入っていて温かくてめちゃくちゃ美味い。回転焼きだと皮がふにゃふにゃなのにこれはパリっとしている。買ってみて正解である。

IMG_9992
もう一つのあんこの方を食べる。こちらは袋に入れていたせいか皮がふにゃふにゃで、かなり回転焼きに近かった。でも美味い!あんこもたっぷり。最初からふにゃふにゃなのだろうか。

後で富山駅の方にいったら、駅前にも店があった。七越焼は、七越という会社がいくつも店を出しているらしい。あとでホムペで調べてみたら富山名物のしろエビの入ったものも開発したそうだ。普通の倍の値段の220円!しかもこれは甘くない回転焼きなんだろうか?

富山名物の七越焼。良い物を知ってしまった。


カテゴリー: お菓子, 旅行 | タグ: | コメントは受け付けていません。

手塚治虫の次は勝新太郎だった!

ネットラジオは一番下のプレイヤーから聴けます!
前半の放送はこちらにあります!

手塚治虫の次は勝新太郎だ!

チャンピオンに連載していた手塚治虫の伝記的漫画である『ブラックジャック創作秘話』を2014年で完結させた吉本浩二。同作品は、歴代もっとも面白く、かつ、もっとも売れた手塚治虫を主人公にした漫画となったわけだが、その魅力のほとんどは絵の力によるものだった。(なんせ、手塚治虫のエピソード自体は元から面白かった)

吉本浩二の画というのは、綺麗で緻密というタイプではないけど、小学生が汗まみれでちまちまと画用紙いっぱいに描き込んだような素朴な迫力に満ちている。僕はデビューの頃から妙に好きだった。

吉本浩二の描くキャラクターは実に人間味がある。どんな実在のキャラクターも漫画のキャラクターとして立ち上がってくるのだ。主人公である手塚治虫のキャラクター造形ひとつにしてもそれが際立っていた。

mangamichi11
従来までの手塚治虫のイメージというとこんな感じだった。これは藤子不二雄Aの『まんが道』の手塚治虫だ。手塚本人による漫画の中に登場する手塚治虫も有名だろう。

しかし吉本浩二に描かせると手塚治虫はこうなる!漫☆画太郎の自画像そっくりや!

IMG_2769IMG_2771

手塚治虫に大柄イメージをつけたという点でも偉大な漫画であった。そうなのだ、30歳以降の手塚治虫って、よくみりゃ大柄感がある。誰もあまりそこに着目してなかっただけに目からうろこだった。

吉本浩二は『ブラックジャック創作秘話』において、もともと得意だった「誰かへのインタビューを元に、そのエピソードをコミカライズする」というフォーマットを完全に自分のものにした。このフォーマットは今は亡き時代の徒花的雑誌ビックコミックビジネス誌掲載の『勝ち組フリーター列伝』で最初に使ったのだと思うけど、吉本浩二というまんが家は、伝聞をマンガにして表現する才能がたしかにあった。フリーター列伝も妙に引き込まれるところがあって何度も読み返したものだ。最初にチャンピオン誌に『ブラックジャック創作秘話』が掲載された時は、なるほどこれでいくのかと膝を叩いたもんだ。

そして手塚治虫を語るようにして今度は勝新太郎の人生を語ってみようという意欲作が『カツシン』である。

読んでもらえばわかるが、手塚治虫が勝新太郎になっただけ!『ブラックジャック創作秘話』が大好きだったなら、絶対に安心して読める。そして勝新太郎のエピソードはたまらなく面白いので、吉本浩二の画の魅力が加わってやっぱり最高の読み心地のマンガとなる。

勝新太郎といえば大柄である。もちろんこの漫画でもたまらなく魅力的な大柄として描写されている。

IMG_9447
若き日の勝新太郎が、肉と豆腐と卵をグチャグチャにしたすき焼きを御飯にかけて食べる描写。とんでもなく美味そうじゃ。僕はさっそく肉と豆腐を買いに走った。

IMG_9458
カツシンのこの表情!!!吉本浩二は顔芸職人だ。

IMG_9449
ラッシュの上映時に、勝新太郎がセリフを全部ひとりでアテレコしていたというエピソード。なんかこういうのを見たことがあるような。そうだ!

IMG_9464
手塚治虫のこのエピソードを語る時とそっくりや!

吉本浩二がこのフォーマットを使い続けたら、勝新太郎の他にも、あらゆる有名人のエピソードが面白漫画になる。最強なんじゃなかろうか。そして願わくば、いろんな有名人を大柄に描いて欲しい。大柄漫画の新時代の旗手は吉本浩二しかいないと確信した。

さすがのテラさんも吉本浩二『カツシン』は「子供に夢を与える漫画」として太鼓判を押すに違いない。

今回はエイリアンとロッキーとヒゲソリの話を多めにします

side:B
【映画】怪獣の気持ちの代弁はするな!!
【映画】エイリアンが完全生物だったのは1作めだけ!?
【流行】黒にんにくブームのせいで焼肉レストランが死にそうになる!!!
【映画】『ロッキー』感想ブログがまた村民の手によって書かれる!!!
【映画感想・考察】 ロッキー FIRST&FINAL 前編
【家電】ハードコアな電気ヒゲソリが開発された!?
深剃り電気シェーバー!?
【漫画】『ワンパンマン』は『アイシールド21』の人の絵でアニメになるのか!?

てっちゃぎの貰ったらレビューするかもしれないリスト
ぶたおにホワイトベルグやクリアアサヒや石鹸など送るリスト

もてラジ同人誌と過去放送について


カテゴリー: ネットラジオ, 映画, 漫画 | コメントは受け付けていません。