経済観念のまるで無い人間ほど原発を盲信している現実に震える


主に火力発電で暗闇知らずの大阪の街。関西エリアは特に原発依存が高かった筈だが。

主に火力発電で暗闇知らずの大阪の街。関西エリアは特に原発依存が高かった筈だが。

Twitterで原発信者にからまれた話

 先日、短文投稿サイトTwitterにて、「(こちらは)火力で良いっつってんのに、原発止めてじゃあ何で発電するんだよ!?とか発狂するキチガイ」というようなつぶやきを楽しく投稿していたら、見知らぬツイッタラーに「理解する素養が無いからそうなるんだろ」などと絡まれた。

 これが所謂原発を盲信している奴の典型例だと察知したので、「原発由来の電気しか使いたくなくなる素養」とやらを伝授してもらおうとしばしやりとりをしてみた。

 なんで火力ではダメなのかとのこちらの問いに対して、彼は追加燃料費4兆円が問題なのだと言う。追加燃料費4兆円というのは、原発を止めて余計にかかった燃料費の額だそうだ。僕はそんな情報はさっぱり知らなかったが、テレビのニュースなどでやって騒いでいるのを見たのだそうだ。

 僕は電力会社の内側の人間でもなんでもないので、日本の総発電コストを知らないので4兆円がでたらめな額なのか、普通にやってれば妥当な額なのかがわからない。仮に総発電コストが1000兆円かかるのだとしたら4兆円など誤差であるし、4兆円だとしたら倍になったことになるので大変な事態といえる。

 原発信者の彼は、ずいぶんと電気やそれにまつわる経済の素養をお持ちなようなので(追加燃料費の具体的数字を真っ先に挙げてきたのだからそう思う)尋ねてみた。日本の総発電コストは1000兆円?100兆円?どれくらい?と。

 答えは分からないらしい。でも4兆円という金額が問題なのだそうだ。

 原発を止めたせいによる追加燃料費4兆円というのが真実かどうかはさておき、日本の総発電コストの数字も把握していないようでは話にならないのである。もちろん僕も把握はしていないが、とりあえずは電力会社の売上げランキングでも見れば各電力会社の売上なんかすぐわかる。全部足せば20兆円なのである。純粋な発電コストの計算は出来なくとも、まあ、このあたりを上限においておけば良いのだ。これをコストの方が大幅に上回っているなら、東電の役員に報酬が出たりボーナスが出たりはしないはずだ。たぶん………。まあ、電力会社の黒い部分など、そのへんは今は置いておくとして、少なくとも発電コストが1000兆円なんてべらぼうな数字のわけがない。そもそも数字自体が常識から外れすぎている。

 と、以上の事をふまえているから、僕は彼に教えてあげた。「日本の総発電コストは500兆円ですよ。それでも4兆円は高いですか?」と。

 そしたら返ってきた返答というのは「いちがいに500兆円といっても人件費や他の業務などの様々な費用がある。本当の発電のコストがどれなのかわからない(それはごもっとも!)。あなたはそういう内訳をちゃんと言えるのでしょうなあ?(総発電コストを言えなかった人の発言!)そういうのは企業人として当たり前の事だが(企業人!)」

 世間知らずかのようにバカにされてしまった。たしかに僕は企業人などという大層なものではない。ただのぼんやりした人間である。しかし日本の総発電コストは1000兆円でも、500兆円でもないのは知っている。

 500兆円というのは国家予算のおよそ5倍にあたる。発電コストに国家予算の5倍をかける国というのはなかなかスゴイではないか。企業人というのは日本の国家予算も知らないもののことを言う言葉だろうか。企業人は企業の事だけを知って入れば良いのか。しかし日本有数の大企業たる電力会社の売上高も知らなかった。企業人は自分の会社の情報とテレビのニュースだけ見てれば良いのかもしれない。

 原発問題というのはコストの問題である。もともとから原子力の専門家によって原発の費用対効果の悪さは指摘され続けていた。福島の原発の事故は、原発の発電コストが安いとか安全とかいう神話のウソを国民の目の前に突きつけたのではなかったか。原発の発電コストには様々なカラクリがあって政府発表のものは不当に安く算出されている。しかも使用済み核燃料や事故対策などの費用も組み込まれていない。当然だ。これらを組み込んだら費用算出そのものが出来ないからだ(事故処理や核燃料の保管が何年続くか見当がつかないから)。

 福島の現実を見てなお原発信者でいるには、数字的な常識とか、経済観念というものがどこか完全に欠落している人物である必要がある。それがたいへんよくわかった有意義なTwitter対談(?)であった。

 しかし怖いのが、日本には、この手合の、常識的な範囲での経済観念が欠落している人が非常に多いことだ。

 常識的な範囲の経済観念の欠落というのがどういうことかというと、新品で100万円で買えるものを修理するのに、総額で150万円かけても平気、みたいなことだ。他にも、作るのに100万円かかったものを、80万円で売る仕事に、寝る時間を削ってまで精を出すとか。あなたの回りにもいるかと思う。

 そういう妙なことが(特別な事情があるならともかく)普通にまかり通る社会というのは、本当に恐ろしいことではないか。まあ、またいずれ折にふれておかしな経済観念の話はしてみたいと思う。


信者なら信者でもいいけど、せめて基本的な事項くらいは抑えておいても良いんじゃないかと。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のシャアがルフィの声になった理由


ジ・オリジンのアニメ化

 一番最初の『機動戦士ガンダム』の作り直し版漫画である機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のアニメ版。2015年2月28日の劇場公開が近付いてきて、概要がだいたいわかってきた。今回の目玉はなんとなんと言っても、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の漫画の作者であり、もともとのガンダムの作画監督やいろいろの重要な役割を担った安彦良和の25年ぶりのアニメ復帰だろう。

 25年前といえば『ヴイナス戦記』である。これが安彦良和最後のアニメ監督作だった。『ヴイナス戦記』で興行収入的に滑ってしまい安彦良和はアニメーターを辞めて漫画家になる。その間に『機動戦士ガンダムF91』(91)とか『新海底軍艦』(95)のキャラデザなどは手がけるものの、アニメ制作現場に関わることはもうなかった。

 で、細々と漫画家として活動(失礼)していたわけだが、2001年に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(以下『ジ・オリジン』)で当てる!そりゃガンダムだからしょうがない。いくら富野がヴィクトリーガンダムとかターンエーガンダムとか言っても、やっぱり安彦良和の絵のガンダムが本当のガンダムと思っているファンは多い。僕だってそう思ってしまう。だから『ジ・オリジン』はかなり夢中になって読んでいた。

 そんな『ジ・オリジン』の漫画には不満はほとんど無いけれど、それがアニメ化されるというと話は別だ。安彦良和の絵を誰がアニメにするというのか。安彦良和の絵をアニメに出来るのは安彦良和だけ!と思っていたが(『ガンダムUC』なんてのは納得がいかない)、まさかの安彦良和がアニメーター復帰。それも、総監督、キャラクターデザインとして。現場に入って絵コンテなんかバリバリ描いているらしい。公式サイトからアニメの予告編みると、妙に絵の再現度が高い。作画監督(西村博之という人。2ちゃんねるの元管理人ではない。)がかなり頑張っているなと思ったが、まさか本人が関わっていたなんて。ノーチェックだったのでひっくり返りそうになった。

 安彦良和は66歳。今回のジ・オリジンのアニメは、シャアセイラ編を4回に分けて制作することが決まっている。年に1本公開ペースでも安彦良和は70歳になってしまう。最初の4本だけでも、なんとか最後まで安彦良和に関わって欲しいものだ。ジ・オリジン全編のアニメ化となると、何年かかるのか。考えるだに恐ろしい。角川とサンライズとバンダイは長期シリーズを狙っているのだろうけど、安彦良和とか、シャア役の池田秀一(64歳)が何年生きると思っているのだろうか。

少年時代のシャアの声は田中真弓

IMG_6926
 今公開されている予告編には声がついている。今回のアニメはシャアの少年時代の話が中心の話だから、池田秀一がそのまま演じるわけにもいかないのでシャア(というよりキャスバル・レム・ダイクン)の声は田中真弓が担当している。これはイメージしていなかったので驚いた。田中真弓といえばクリリンの声とかルフィの声で有名だからだろう。

 ネットの感想では「シャアがルフィとかイメージ違うわ~」「なんで田中真弓やねん」とか言う人もいた。たしかに僕も驚いたけど、よくよく考えたら田中真弓がキャスティングされるのは妥当だった。

 安彦良和が監督としてとことんまで関わって、これぞ安彦アニメの決定版ともいえる作品『巨神ゴーグ』(84)を御存知だろうか。このアニメほど安彦良和の絵が完璧に再現されているTVアニメなんか無い。究極というほど高いクオリティの作画だったけど、さほど人気が出なくて、失意の安彦良和がTVアニメを卒業してしまったきっかけにもなった哀しい作品でもある。それはここではどうでもいいが、実はこのアニメの主人公のショタである田神悠宇を演じていたのが、何を隠そう田中真弓なのだ。

IMG_6931
 これが田中真弓演じる田神悠宇。

 ご覧いただければ何を言いたいのかお分かりいただけたかと思う。安彦にイケメンとかイケショタとか描かせればだいたい一種類くらいしか顔がないから、それにキャスケットをかぶせておけば最強の安彦ショタの出来上がり。

 ここまでくれば田中真弓をキャスティングしたくなるのが人情だろう。そう考えていくと、田中真弓が声変わりしていって、やがておっさん声になれば池田秀一の声になりそうな気にもなってくるから不思議だ。(池田秀一は子役から映画俳優をやっているので、実際の声は調べようと思えば調べられるけど)

 田中真弓をキャスティングしたのは総監督たる安彦の意見なのか、他の誰かなのは知らないけど、『巨神ゴーグ』の田神悠宇がイメージされているのは間違いない。新参者がルフィとか言って欲しくないのである。

オリジンアニメの不安点

IMG_6927
 戦闘シーンがすべてCGアニメなことだ。初代ガンダムにも関わった板野一郎も参加していて、すごく見応えのある動きを一部しているらしいのだけど、どうにもゲームみたいな安っぽいCGなのが悲しい。

 ガンダムといえば何と言ってもモビルスーツをはじめとしたメカのアクションが中心になってくる。『ジ・オリジン』の漫画版でも、安彦の描く重厚なモビルスーツ戦が大好評だった。それがアニメでは全く再現されないのだろうか。

 作画監督のインタビューでも「来ならば、安彦さんのタッチを活かした映像にするならば、手描きの方がいいんです。ただ、あの物量を手描きでやるのは、スケジュール的に非常に難しい。」という、どうしょうもない話が出ている。けっきょく、安彦絵を活かしたロボアクションなど描こうとするなら、安彦良和が全盛期かつ、『めぐりあい宇宙編』くらいの予算が毎年のように出ないと無理ということかとがっかりする。

 『機動戦士ガンダム MS IGLOO』の今西隆志監督が起用されたのもCGに強いということからだろう。CGと安彦タッチの食い合せ。最悪といっても良いような気がする。ここが最大の不安点だ。もちろん、CGアニメといってもPixarとかディズニーくらいのレベルだったらわからないけど、それこそ現代で『めぐりあい宇宙編』や『イデオン発動篇』を作る以上に望むべくもなしだ。

 「もうちょっと安彦さんのニュアンスに近くしたいというのがあったんですが、最初なのでこんなものかなと。これから、本数を重ねればもっと良くなると思いますし」

 西村博之作画監督のコメントが胸に突き刺さる。

 まあ、しょせんアニメ。ガンダムはもともとアニメ作品だったけど、『ジ・オリジン』は漫画作品として独立した作品。あまり多くは期待しない方が良いのだろう。

奇跡の作品であるので

 もともと安彦良和がガンダムの漫画を描くというのが奇跡だった。最初はそんなもの絶対に描かないと言っていた。

 そして漫画が当たったあとも『ジ・オリジン』のアニメ化は絶対にさせないと言っていた。

 さらにアニメ現場には二度と関わらないと言っていた。

 そんな3つの奇跡を乗り越えたのが今回のアニメ化なわけなので、内容がどうあれ、安彦良和の最後のアニメ作品としてありがたく受け取ろうと考えている。

 ちなみに安彦良和の劇場監督作品は『クラッシャージョウ』『アリオン』『ヴイナス戦記』の三本だ。どれも一般的な評価は……(『クラッシャージョウ』はまあまあ人気。単品DVDすら発売されて無いけど…)。


DVD時代以降、まともなソフト発売が『アリオン』くらいしかない安彦劇場作品!!!

カテゴリー: アニメ | コメントは受け付けていません。

『テケテケ』と障害者映画の名作トップ3!!


下のほうにスクロールするとラジオ再生出来ます!!!

白石晃士監督作『オカルト』に出てくる独創的な地獄の映像。

白石晃士監督作『オカルト』に出てくる独創的な地獄の映像。

白石作品とまどか☆マギカ

 白石晃士監督のブログの映画感想によると、『魔法少女まどか☆マギカ』の魔女世界の描写に打ちのめされたとある。ああいう方向性のビジュアルを作りたかったそうだ。白石作品を続けて見ている人に合点のいく話である。そんな白石監督に『アベンジャーズ』の1000分の1の予算を誰か出してあげて欲しい。

 今回は白石監督作品のうちの『テケテケ』を紹介している。すっかり白石映画紹介コーナーと化しているがたまたまだ。『テケテケ』は70分と短い映画なので気楽に見て貰って良い作品だ。大島優子が主演だったそうだけどあんまり意識してなかったのでわからんかった。というよりAKBの顔なんかわからない。

side:B
【主張】もう少し自信をもって強気に出ようと思うてっちゃん!?
【映画】エヴァンゲリオンとシン・エヴァンゲリオンの違い!?
【映画】白石監督『テケテケ』はフィジカル重視の心霊ストーリーだ!?
【映画】てっちゃんが語る期待の新作映画と障害者映画!!
てっちゃぎの貰ったらレビューするかもしれないリスト
ぶたおにホワイトベルグやクリアアサヒや石鹸など送るリスト

カテゴリー: ネットラジオ, 映画 | コメントは受け付けていません。

金持ちになったとこからスタートする金持ちビジネスとは!?


ネットラジオは一番下のプレイヤーから聴けます!

yozawa
知らん間に億万長者になってて知らん間に破産したというて話題になってた大柄(公式サイトより


著書もいっぱいある!?いったいどこで有名だったんだ!?

金持ちというところからスタートするビジネス

 与沢翼とかぜんぜん知らなかった。この人がどこで金持ちとしての存在感があったのだろうか。もしやテレビによく出ていた金持ちキャラだったのか。自分がテレビを見ないから分からなかったのか。与沢翼とは何者!?とWikipediaなどで調べてもいまいち要領を得ない。だいたい元手10万円からアフィリエイトで稼いでいるといっても、一年やそこらで何十億と稼ぎましたと言われたらさすがに法螺話かと思う。株やFXで奇跡的バカ勝ちしましたといって取引記録を見せられた方がまだ現実味がある。

 そもそもアフィリエイトで稼ぐって一体なんなんだ。バナーでも貼るのか。そんなことで年間何十億もすぐ稼げるもんじゃないことは誰でも知っている。アフィリエイトを経営する方だろうか。しかし与沢翼の会社なんてものはネット界隈で耳にしたこともない。

 なぜこんな人が出てきたのか背景も何もよくわからない。突然現れた人に「金持ちですが儲ける方法を本にしましたので読んでください」と言われたら読むだろうか。もしかしたら読むかもしれない。今はそんな人がたくさんいる。

 それで『金持ち父さん貧乏父さん』という本を思い出した。あの本も金持ちのノウハウを教えるという触れ込みでバカ売れした本だった。著書のロバート・キヨサキは不動産事業で大儲けしているとあったけど、彼の実際の商売を知っている人は誰もいなかった。本自体は面白かったのでそれで良かったけど、あいかわらずロバート・キヨサキの商売のメインは『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの執筆業にしか思えなかった。それくらいしつこく書いていた。


調べたら最新改訂版まで出ていた!

 『金持ち父さん貧乏父さん』の場合は、著者がハワイかどっかの人だと言っていたので、日本人が彼の事業を知らなくても当然であるしそんなものかと思っていたけど、日本人でも似たようなビジネスを始める人がたくさん出てきたということか。与沢翼本のAmazonのレビューを見たら、海外のそうした系の書籍とは違い、ほとんどボロクソに評価されていて面白い。それでも出版されるということは売れるということだろう。だってボロクソに評価している人は、どうも他の著書も読んでいるらしい。かなりファンがついているのだ。ファンがついているものは本物だろうとニセモノだろうと仕方がない。何がどうなのかわからないけど、完全にタレントとして成立してしまっている。

 今回はそのへんの事を掘り下げた面白ラジオになっています。てっちゃんねるもあるよ!

side:A
【商売】情報商材系ビジネスで売ってるのは情報商材ではない!?
【商売】秒速で億を稼ぐ人は誰に断ってやってたの!?
【商売】実業家を卒業してモナコで冒険家になった男!!
【商売】ウルトラワインを飲むことで見えてくるものを見よう!?
【商売】底辺ユーチューバーはサムネイルとテロップがヘタクソ!?

カテゴリー: ネットラジオ | コメントは受け付けていません。