ネットラジオ BS@もてもてラジ袋

IT時代をサバイブする新型教養番組

バレンタインに男性が歓喜するチョコレートは不二家で決まり!

time 2015/02/13

バレンタインに男性が歓喜するチョコレートは不二家で決まり!

sponsored link

聖ウァレンティヌスを祝う日ってなんぞや

今年もバレンタインデーの季節がやってきた。2月14日は聖ヴァレンタインデー。

もともとはキリスト教の聖人である聖ウァレンティヌスの殉教の日である2月14日を祝う日だった。そんなん知らんという日本人が大多数だろう。日本人はキリスト教には詳しくないのだ。

とにかく、3世紀ごろの2月14日に、聖ウァレンティヌスという聖人が殉教したのである。何でか。

殉教した理由は、わかっていない。

なんやそれ!と言うなかれ。本当にわかっていないのだ。それどころか3世紀に、聖ウァレンティヌスなる人物が、2月14日に殉教したという記録はどこにも無いのだ。

なんじゃぞれ!!!!!

もっと恐るべきことに、聖ウァレンティヌスという人物が生きていたという記録もない!!!!

ど、どういうこと(震え)

死んだ記録も生きた記録もない人物のお祭りが現代にまで伝わっている。

それも何故か愛を伝える日として。

実は恐ろしいヴァレンタインデー。小松左京の『牛の首』の話を思い出してしまう。ホラー映画だ。そういうえば昔『血のバレンタイン』という傑作ホラー映画があった。ぜんぜん関係ないけど。この時期よくテレビで放映していた。

そんなわけで、聖ウァレンティヌスは実在性が証明できないので、現在はキリスト教の正式なお祭り日からは聖ヴァレンタインデーは削除されている。しかしプレゼントやカードを渡したりする風習だけは残っている。そして日本ではなんといってもチョコレートを渡す日としてすっかり定着している。

ぜんぜん誰も知らない人のお祭りが、千年以上にわたって伝わり、こんなに世界中でいろいろな意味をもつ日になっているなんて。現実とはなんという奇妙なものだろう。そしてぜんぜん誰もどんな人か知らなかった聖ウァレンティヌスは、日本では名前すら知られていないというのは当たり前と思うのだけど、お祭りのほうが皆に知られているってのも頭がおかしくなりそうなねじれ現象だ。でもまあそれも良い。

問題は何のチョコレートを買うかだ

そんなわけでここは日本。聖なんとかよりもチョコレートの日。完璧にチョコの日。女性にとっては男性の気をひきたい日である。だからチョコレートをあれこれ選んでしまうと聞く。高級チョコレートとか、チョコレートケーキなんかが売れたりするようだ。バレンタイン専門のお菓子が出たりもする。

そんな、あーでもねーこーでもねーと迷っている女子に朗報である。別に男子でも良い。

バレンタインに買うべきチョコが決定したのだ。これは間違いない。絶対に男子は喜ぶチョコレートだ。チョコレート好き男子にアンケートをとったので信頼できる。

それは…

不二家ハートチョコレートだ!!!

このでっかいハート型のチョコ。昔から売っている。ずっとあった気がする。でもいつしか見なくなっていたのを御存知だろうか。

「いや、スーパーにいつもあるけど…」

それは、こちらの小さい方ではないだろうか。

もともとはハートチョコレートといえばデカイ方しか無かった。三十数年前からあった。何年くらいの歴史があるのかわからない。それがいつしか小さいサイズのやつが発売されるようになって…デカイサイズのが消えていた!!!

「小さいやつで良いじゃないか」

良くないのである。ピーナッツのバランスといい、チョコレートの適切な量といい、デカイ方が圧倒的に美味い。懐かしさを抜きにしてもデカイ方が美味い。でん六のピーナッツチョコに匹敵する美味いチョコレートといえば、不二家のハートチョコレートのデカイ方しか無いし、男性はみんなこれが大好きなのだ。食べた事のない人はぜひ食べよう。食べたその日から味の虜に虜になるはず。

「デカイのは無くなったのでは?」

よくぞ聞いてくれた。いつからか知らないけど、不二家のデカイ方のハートチョコレートは、バレンタインシーズン限定品になったようだ。だからこの時期だけ買えるのだ。

つまり不二家が「バレンタインにはデカイハートチョコレートを買って男性に与えよ!」と言っているのである。そしてそれは圧倒的に正しい。わざわざ限定品のデカイハートチョコレートを買うという女性の細かい配慮。そういう気持ちに感激するのが男性という生き物なのだ。間違いなし。

去年の話をしよう。僕はこのハートチョコレートをAmazonの欲しいものリストに入れておいたところ、なんとリスナーさんから何個か送って頂いてしまった。それで感激した。その気持ちを思い出して今年この記事を書いている。「またくれよな!」というのではない。くれたらそら嬉しいけど、そんな他力本願ではないのである。

IMG_9341

もうスーパーに行って買ってきてしまっている!!!

僕はどっかのすみっこに挟まって口をあけてチョコが降ってくるのを待っているようじゃ男ではない。貰えるかどうかわからんなら買えば良いじゃない。

おっさんが自分で自分に贈るバレンタインチョコとしても不二家のデカイ方のハートチョコレートはオススメだ。スーパーにあるし。安いし。男性が買っても(たぶん)恥ずかしくないし。

今年のバレンタインはあなたも大切な人に不二家のデカイ方のハートチョコレートを贈ってみてはどうか。

最近は男性が女性にチョコレートを贈るのもアリだと聞く。お菓子業界もなんでもしかけてくるもんだ。その場合、不二家のデカイ方のハートチョコレートが有効かどうかは知らない。

女性は嫌いかもしれんこれ。。。

地方ならではのバレンタイン菓子

そういえばバレンタインにも地方色というのがあるみたいだ。

たとえば、うどんで有名な香川県の高松にはこのようなものがある。お正月にふらっと遊びにいったおりに見つけてしまった。

IMG_8438

バレンタインシーズンのみ売っているチョコかまど!!!

毎年売っているらしい。知らなかったぞそんなの……。

「かまど」というのは、まあ「ひよこ」だ。ああいうまんじゅうが「かまど」の形になった高松の銘菓だ。高松の土産としてはどこでも売っている。知らぬ者のないお菓子だ。

想いを込めた人にうどんな乙女(もしくは骨付き地鶏ギャル)が「チョコかまど」をそっと渡す……そんな風情が高松では生きているのかもしれない。なんだか、「チョコかまど」が欲しくなってしまった。

地方でもそれぞれのバレンタイ風景があるようだ。


sponsored link

スポンサードリンク

スポンサードリンク

もっこもこチャンネル
もてラジは白鯨ラジオもっこもこパレードに参加しております。
「#もてらじ」 でツイートされたものは番組で取り上げるかもしれません。


当サイトはAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しております。
天狗ジャーキーボタン

ぶたおストアー

ラジ袋グループの仲間

mote_l
BS@もてもてラジ袋
毎週日曜日くらいに更新

fu_l
福岡@ラジ袋
毎週更新

tougou_l
統合失調症@ラジ袋
毎週更新のつもり

totori_l
鳥取@ラジ袋
不定期更新

1248390815
東京@ラジ袋
不定期更新


最強のふたり


沖縄名物UCC霧の紅茶

オススメ!最新刊!

相原コージ先生のゾンビ漫画!


山根和俊先生の最新麻雀漫画!


オススメ!同人マンガ漫画!
ぶたおによる紹介記事


杉浦茂全集がKindleで安く読める!



sponsored link

UA-56563609-1