ネットラジオ BS@もてもてラジ袋

IT時代をサバイブする新型教養番組

亀映画『ミュータント・タートルズ』にまつわる悲劇!!!

time 2015/02/15

亀映画『ミュータント・タートルズ』にまつわる悲劇!!!

ネットラジオは一番下のプレイヤーから聴けます!
前半の放送はこちらにあります!

sponsored link

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズじゃないの!?

『ミュータント・タートルズ』のオリジナルタイトルは”Teenage Mutant Ninja Turtles”という。略してT.M.N.T.と表記したりもする。タイトルとしてはいささか長すぎるから、略してニンジャ・タートルズと言ったりもする。1984年に発表されたアメコミから生まれた人気作品だ。

ああ、しかし。日本ではなぜか、『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』という正式名称で扱われたことがほとんどない。

今回の映画版でも『ミュータント・タートルズ』が日本版のタイトル。

ティーンエイジは!?

忍者は!?

それらは切り捨てて良い要素だと判断されたようだ。ミュータントであるということと亀だということがわかれば良い。ひどい話である。

『ミュータント・タートルズ』製作者が語る人気シリーズを“新生”させる極意』

http://cinema.pia.co.jp/news/163934/61428/

彼らが考えるシリーズの魅力は、本作の原題『Teenage Mutant Ninja Turtles』の冒頭に記載されている“10代”の要素だ。フォームは「タートルズがティーンエイジであることが非常に重要な要素だ。多くの10代がそうであるように、タートルズたちも家族の大切さがわかってないんだ。でも彼らは映画を通して、家族が大事であることに気づいていくようにした」と言い、フラーは「この映画ではキャラクターが“人生初めての経験”をする場面がたくさん描かれている。たとえば初めて恋に落ちたり、親に内緒で家から出かけたりね。それは10代によくあるエピソードだし、この映画では重要なポイントになっていると思う」と説明する。

製作者もここまで言ってるのだから、ティーンエイジの要素を要らないとか思わないで!?

もし、長すぎるってんで縮めるなら、略称としてよく使われている『ニンジャ・タートルズ』が無難だったと思うけど、『ミュータント・タートルズ』はその次くらいか。『ティーンエイジ・ニンジャ』だったらよくわからんアイドル映画みたいだ。B級ホラー感満載の『ミュータント・ニンジャ』や『ティーンエイジ・タートルズ』でなかっただけマシと考えるべきか。

ニンジャ・タートルズ日本での歴史

1989年のコナミのFC版ソフト。『激亀忍者伝』。まだ誰もまともに訳して無かったとはいえ、なんちゅうタイトルやねん。しかし『忍者龍剣伝』あたりのパロディとかんがえると感慨深い。(ニンジャ・タートルズも『デアデビル』などのアメコミのパロディから始まったマンガ)

tmnt

そして1990年のコナミのアーケードゲーム『TMNT~スーパー亀忍者~』

アメコミなんて絶対に読まない我々が、ニンジャ・タートルズに初めて接したのはこのあたりからだ。なんとなーく海の向こうでは亀忍者が流行しているとは聞いていた。ゲームを初めて見た時に「これか!これが噂の!」と思ったものだ。その頃はTMNTが『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の頭文字だったなんてまるで意識していなかった。

僕は特にアーケード版のゲームが好きでよくプレイしたものだ。そのうち、これは「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」っていうのが正式タイトルなんだな、と理解し始める。

1991年に衛星放送でテレビアニメ版の放送が開始される。これは1987年にアメリカで制作されたもので、上記のゲーム版はこれをもとに制作されたものだったのだ。だからテーマソングとかOPアニメが流用されている。そんな詳しいことは知らなかったので、いよいよ本物のタートルズが見れると興奮したものだ。(本物はマンガなんだけど)

その時のタイトルは『アイドル忍者タートルズ』!!!

ダサすぎる。そしてまたしても正式名称は拒否されてしまった。なんであかんのや。

その後、1993年には地上波のテレビ東京系列でも放映された。これが一番長く放映されたので、日本での知名度は一番あるんではないか。

その時のタイトルが『ミュータント・タートルズ』だった!なんだ、今の映画のタイトルの略し方はここから来てたのか…。

いやいや、実はその間の1990年に実写版映画が制作されて日本でも公開されている。その時のタイトルが既に『ミュータント・タートルズ』だった。

つまり、1993年のテレビ東京版のタイトルが『アイドル忍者タートルズ』から『ミュータント・タートルズ』に変更されたのは、映画公開された事を前提としたものだった可能性がある。やはりこの変な略し方は日本の映画配給会社の主導だったのか。

しかし、この映画の続編では『ミュータント・ニンジャ・タートルズ』になっていたりする。どうなんだ!?どういうこと!?

あと、『ミュータント・タートルズ』の一作目はどういうわけかDVDになっていない。なんでだ!!

とにかく「なんでだ!?」が多すぎる最初の劇場版日本語タイトルの変遷である。いまいち映画配給会社もふらついていたのかもしれない。

それはともかく、最初のアニメ版のオープニングの日本語版の歌には、愛着のある人も多いと思われる。僕も大好きだ。やや意味不明な勢いだけの歌詞が良い。

とにかく、こういう経緯で、日本で一番知られたタイトルは『ミュータント・タートルズ』に決まったようで、2003年に再び制作されたアニメでも『ミュータント・タートルズ』だった。これは全く見てない。

2007年に制作されて2008年にDVDが出たCGアニメ映画版『TMNT』も日本では『ミュータント・タートルズ』

もはや日本では『ミュータント・タートルズ』がもっとも使われた一般的なタイトルなのだ。なんで『ニンジャ・タートルズ』じゃなかったのか疑問が残るが、最初の映画版のタイトルを決めた人と、それに追随したテレビ東京版のスタッフがそれでいいと思ってしまったのだから仕方がない。なんだかんだで、テレビアニメ版がもっとも知られているので、それが命運をわけたようだ。

今回の映画が『ミュータント・タートルズ』なのもそういう事だったのである。ティーンエイジもニンジャも、ミュータントに負けた。

今回は新作映画に対する期待をあれこれと語っております。ぜひ聞いて下さい。

side:B
【映画】『ミュータント・タートルズ』ってタイトルで損しているんじゃないか!!
【漫画】昔のアニメは日本の子供にも聖書の教養をつけようとしていた!?
【社会】日本には飯場という地獄システムがある!?
【腐女子】腐女子は「面白い」って評価されるのが大好き!!
【映画】『アメリカンスナイパー』に対する期待感を死ぬほど語る!?

てっちゃぎの貰ったらレビューするかもしれないリスト
ぶたおにホワイトベルグやクリアアサヒや石鹸など送るリスト

もてラジ同人誌と過去放送について


sponsored link

スポンサードリンク

スポンサードリンク

もっこもこチャンネル
もてラジは白鯨ラジオもっこもこパレードに参加しております。
「#もてらじ」 でツイートされたものは番組で取り上げるかもしれません。


当サイトはAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しております。
天狗ジャーキーボタン
ぶたおストアー

ラジ袋グループの仲間

mote_l BS@もてもてラジ袋 毎週日曜日くらいに更新 fu_l 福岡@ラジ袋 毎週更新 tougou_l 統合失調症@ラジ袋 毎週更新のつもり totori_l 鳥取@ラジ袋 不定期更新 1248390815 東京@ラジ袋 不定期更新


sponsored link

UA-56563609-1